パワーストーンの豆知識/高い石と安い石の違い

最近はパワーストーンを販売しているお店もたくさんありますが、同じストーンなのにお店によって価格がかなり違うということがありますよね。これは一体どういうことなのでしょうか?高いストーンと安いストーンの違いは何なのかお話ししたいと思います。

そもそもパワーストーンなどの石は色、ツヤ、輝き、透明度などが整っているかどうかで基準が決められます。ですが、このコンディションのランクの付け方に決まりはなく、お店によって違うため同じ石でも高かったり安かったりするのです。そうなってくると見た目が綺麗で値段が高いストーンの方が効果が高いように思うかもしれませんが、実際のところそうではありません。

ストーンと石の相性というのは値段やランクによって決まるわけではありません。それよりも自分自身がピンと来た石を購入する方が相性の良い石と巡り会える確率はとても高いです。中にはランクを高くして高額で販売しているお店もありますので、気をつけなければなりません。値段よりも直感で決めることをおすすめします。

ストーンのランクが良いか悪いかを見極めるのはなかなか難しいですが、キズが少なかったり、透明度が高い石は比較的良い石だと思って良いです。ランクの高い石は見た目も美しいので値段も高く設定されるのですが、石の価値とストーンの持つパワーと相性は比例しません。ストーンがいくら綺麗でも相性が合わなければ意味がありませんので、パワーストーンを購入する時は見た目よりも自分自身で感じ取るエネルギーによって決めるようにしましょう。

トップページへ戻る